ブログなどに商品の広告を載せ、その商品が売れると報酬がもらえる。そんなものがアフィリエイトでした。

ということは、ブログに載せる広告を選ばなくてはいけませんね。そこで登場するのが ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)というものです。

ASPは、広告を扱っている企業です。ASPから商品の広告を選び、それをブログに載せていくわけです。

仲介役もしてくれるASP

あなたがブログを作り商品の広告を載せたとします。商品を扱っている企業(広告主)と、その広告を扱うASPがあるわけです。この時、この広告主(企業)とあなたの仲介役をしてくれるのがASPです。

アフィリエイトの報酬がもらえる流れ

ではどのようにASPが仲介しているのか図で見てみます。

最初はややこしいかこしれませんが大丈夫です。実際にブログなどに広告を載せて行けば分かってくるので安心してください。

それから、ASPではいろいろいろなデータも提供してくれます。例えば「あなたが載せた広告はどれぐたいのクリックがあったか?」や「クリックされたうちの、どれぐらいが実際に買ってくれたのか?」など、それを見たりして対策を練ることが出来るのです。

ASPの種類

代表的なASPに「A8.net」がありますが、その他にもASPは幾つもあります。そしてそれらは、それぞれ得意なジャンルがあったりします。

物販系だったり、美容系だったり、スマホ系だったり、あるいは「情報」という商品だったりもします。とにかく様々なものがあり、そこから自分にあったものを選んでいくわけです。

例えば、「楽天」や「amazon」にも独自にASPがあるのですが、これらは「物販系」の広告を扱っているASPということになります。

ASPを使うには?

ではでは、「どのようにASPを使うのか?」ですが、

  • 登録は無料です。
  • 登録するのに審査が必要なものがほとんどです。

というわけで、ASPを使うには審査があったりします。それは「ブログを5記事~10記事ぐらい書き審査してもらう」といったものでほとんどは簡単なところが多いです。また、「楽天」や「A8」のように審査がないものもあります。

ASPに関してはいずれ詳しく記事にしますが、今回は基礎知識として、「無料で使えるが審査があるASPもあるよ」「落ちたらまた、挑戦すればいいだけだよ」ぐらいに覚えておけばいいでしょう。

アフィリエイトで稼ぐにはASPを上手に使うのがポイント

アフィリエイトでたくさん稼いでいくには、「どんな商品を選ぶのか?」が凄く重要になってきます。そしてそれに伴い、「ASPを上手く使いわける」ことが必要になってきます。

そのため、「記事を書いて商品を選ぶというより、商品を選んでから記事を書く。」なんてことが稼ぐうえでのポイントだったりします。

徐々に商品やASPを選ぶスキルを上げていこう。

アフィリエイトでガツンと稼いでいくには、たくさんのことを学ばなければいけません。そんな中、いきなり幾つものASPを使い分け商品を選んで行くのは大変です。

最初はとにかく分からない事だらけですよね。広告を1つ載せるにもたいへん苦労したりします。だから少しづつ扱うASPも増やしていくといった感じでいいと思います。

まずは無料ブログなどで、多くは稼ぎにくいですが「楽天」あたりから、クリックのされやすい「モーションウィジェット」あたりから、初めていくのがいいでしょう。

「モーションウィジェット」というのは、訪問者に合わせた広告を載せてくれます。こんな感じものです。

とにかくアフィリエイトで大事なのは経験です。理屈より経験です。慎重になってパソコンの前で固まっていてはダメですよ。(^^)/

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

この記事を気に入って頂き
クリックをして頂いたら幸いです。