今回は、おすすめの無料の画像サイトの紹介です。すごい便利なので知っている人も多いかも知れませんが、知らない人は必見ですよ。

それと、ワードプレスを使っている人は、プラグインで「Pixabay 」を便利に使うことが出来るので、そこらあたりも紹介しますね。

海外サイト「Pixabay 」を使いこなそう!

他の記事で、イラストのおすすめのサイトを紹介しましたが、「Pixabay 」は高品質でとても使いやすいので、イラストと写真と両方よく使っています。

使う方法は2通りですかね。普通にお気に入りに登録して使う方法が1つ、もう1つはワードプレスのプラグインで使用するというものです。ではそれぞれ説明していきます。

「Pixabay 」の使用方法

無料ブログなどワードプレスを使わない場合です。私も無料ブログなどは「お気に入り」から使用しています。

Pixabay

「Pixabay 」は海外サイトですが、日本語に対応しており「日本語」での検索でOKです。海外サイトなので英語の方が多く表示されますが、思うようなものが見つからない場合だけ、英語で検索すればいいでしょう。

例として「ブログ」で検索してみました。上の方のは「Shutterstock」という透かしが入っていて、これは有料になります。透かしの文字が入ったものは有料と思っておけばOKです。

画像を選んだら、右のダウンロードをクリックしてサイズを選びます。MやLサイズだと文字の入力で面倒なので、Sサイズを選びましょう。というかサイズ的にSしか使ったことはありません。

あとはデスクトップなどにダウンロードすればOKです。いつでも使えるように「お気に入り」に入れておきましょう。

ワードプレスのプラグイン「Pixabay Images 」の使い方

ではでは、ここからはワードプレスを使っている方が対象です。初心者の方で「ワールドプレスって?」という方は早くワードプレスを使えるようにがんばってください。

ワードプレス管理画面から「プラグイン」→「新規追加」です。

「Pixabay Images」と入れて検索して、「今すぐインストール」をクリックします。すると「今すぐインストール」が「有効化」のボタンに変わるのでそれをクリックです。

以上でプラグインが導入されましたので、設定をしていきます。
ではワードプレスの管理画面にもどり、「設定」→「Pixabay images」をクリックです。

すると「Pixabay Images」の設定画面になるので、下の画像のようにしましょう。
1ページの表示は最大の100にして早く選べるようにしておきます。

ちなみに、上の「クレジット表記」と「Pixabay の文字の表示」にチェックを入れると下のようになります。こういった作者の名前などの表示を「クレジット表記」といいます。「Pixabay」ではクレジット表記は要りませんが、画像サイトによっては必要なものもあるので覚えておきましょう。

記事作成の時にすごい便利です。

では導入と設定が終わったので、実際に使っていきましょう。記事作成の画面にいくと、記事を書く画面上にボタンが追加されます。これで「投稿の記事」や「固定ページ」の作成で画像を入れたい場所ですぐに使えます。

画像の入れたい場所で「Pixabay」のボタンをクリックして、入れたいものを検索しましょう。

画像はすべて無料です。サイズもどれでもOKです。

あとは、左に配置するのか中央なのか、サイズはどれぐらいなのかを決めて最後に記事に挿入すればOKです。選んだ画像は自然にワードプレスのメディアに保存されます。

以上です。とにかく簡単に画像を挿入できるのでぜひぜひ使って見て下さい。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

この記事を気に入って頂き
クリックをして頂いたら幸いです。